アフターピルの通販ショップを調べる人たち

アフターピルは、万が一避妊に失敗してしまった場合でも、妊娠を防いで女性の身体を守ってくれる薬です。
性行為の後からでも避妊できる唯一の方法と言っても良いほど頼りになる薬なのですが、正しく服用しないと本来の効果を得ることはできません。
望まない妊娠は女性の心も身体も大きく傷つけてしまうため、アフターピルはどんな薬なのか、どうやって入手するのかなどを知り、いざという時に慌てないよう知識を身に付けておきましょう。

アフターピルって何?

アフターピルとは、その名の通り性行為の後に服用しても妊娠を防ぐ効果が得られる避妊薬のことです。
特定の商品を指すものではなく、性行為後の避妊効果を得られる薬の総称なので様々な種類の薬が流通しています。

避妊に失敗してしまった場合、約72時間以内に服用しなければ高い避妊効果を得ることはできません。
女性ホルモンとほぼ同じ働きをする成分を高濃度で配合しており、摂取することで急激に女性のホルモンバランスを変化させます。
これにより排卵を抑制したり、人為的に生理を引き起こして受精卵の着床を防ぐ効果があります。

ただ、アフターピルを服用したからと言って100%妊娠を防げるわけではありません。
平均的な避妊成功率は約80%程度で、72時間以上経過するとその確率も一気に低下してしまいます。
アフターピルの種類によって服用方法も異なるため、初めて利用する場合は特に医師の指示をしっかり守ることが重要です。

一度服用すればしばらく避妊できるわけでもなく、効果は服用した時のみしか得られません。
しかも一旦成立した妊娠を中断させる効果は無いので、避妊の万能薬ではなく、あくまでも予防的な位置づけの薬だと理解しておきましょう。

アフターピルの2種類の服用方法

アフターピルには主に2種類の服用方法があり、LNG法とヤッペ法というものに分かれています。
どちらを利用するかは病院の方針や女性の希望などにもよりますが、近年ではより効果が高く副作用の低いLNG法が主流です。

LNG法は、レボノルゲストレルという成分が配合された錠剤を用い、性行為から72時間以内に1錠を服用するだけで済みます。
ヤッペ法はノルゲストレルエチニルエストラジオールという成分の薬で、性行為から72時間以内に2錠を服用し、その12時間後にもう一度2錠を服用する必要があります。

LNG法は服用も一度で済み副作用も少ないので費用が高額で、1回の処方で約2万円ほど必要です。
ヤッペ法は手間がかかるうえに、成分濃度がかなり高いので副作用も出やすいのですが、4,000円ほどしかかかりません。
どちらも正しく服用すれば高い避妊効果が得られますが、ヤッペ法は飲み忘れや副作用のせいで嘔吐して成分が正しく吸収されないことも多いため、LNG法よりも避妊成功率は低いです。

いずれのアフターピルも、これまでは病院で処方してもらうしかありませんでしたが、最近は通販でも個人が入手できるようになっています。
通販でアフターピルを購入するとはどういうことなのか、詳しく見てみましょう。

アフターピルが売っている通販サイトとは

アフターピルは、病院以外でもインターネットの通販サイトを通じて購入することができます。
従来は必ず医師が処方しなければ入手できなかったのですが、近年は医薬品の個人輸入が普及しつつあり、処方箋が無くてもアフターピルを購入することが可能です。

もちろん、一般的なショッピングサイトやドラッグストアではアフターピルを販売していません。
アフターピルを販売している通販サイトというのは、実際には個人輸入の代行を専門に行っているサイトという意味です。
あくまでも分かりやすいように通販サイトと呼ばれているだけで、いわゆる普通の通販とは前提から違っているので注意しましょう。

アフターピルは世界中で利用されている薬で、アメリカやヨーロッパなどでは一般的な薬局にも並んでいるほどポピュラーな存在です。
アフターピルは性行為から時間を置かずに服用したほうが避妊成功率が上がるため、とにかく早く服用できる状態にしておくことが第一です。
このため市販医薬品と同じように販売されているのですが、インターネットを利用すればこのような海外のアフターピルを個人的に輸入することができます。

しかし、どんなに海外で手軽に入手できるとは言っても、英語が苦手など海外サイトの利用に不安を感じる人もいるでしょう。
それに着目したのが、現在日本で増加している医薬品の通販サイトです。
薬を欲しがる人の代わりに、海外のサイトと実際の取引を行い、代金の受け渡しや発送手配などの実務を行ってくれます。
本来なら購入者が自分で海外のサイトから個人輸入すべきところ、通販サイトが手続きを全て代行しているという状態です。

通販サイトが行っているのはあくまでも仲介という形になるので、厳密に言えば通販サイトとは言えないでしょう。
利益も医薬品の売上からではなく、代行手数料や送料の上乗せなどから得ている点も一般の通販サイトとは異なります。
また、運営法人が日本ではなく香港やシンガポールなどの海外に拠点を置いているという点も特徴です。

医薬品の通販サイトはここ10年ほどで急速に普及していますが、中には医薬品を個人輸入しても本当に違法行為に当たらないのか、心配になる人も多いはずです。
数多くサイトが存在するということは違法行為に当たらないと言えますが、安心して利用するためにもその理由も詳しく知っておきましょう。

アフターピルを通販で買うことは違法とはいえない

現在、日本では効果の強い医薬品に関して、特別な許可を得た正規ルート以外の者が営利目的で事業を行うことは認められていません。
ということは、通販サイトでアフターピルを販売することは違法行為で、そのサイトを利用すれば自分も違法行為に加担してしまうのではと心配になります。

しかし、結論から言えばその心配は杞憂です。
通販サイトが行っているのはあくまでも購入者と海外の販売元との仲介であり、アフターピルを直接販売しているわけではありません。
このため営利目的の転売とはならず、違法には当たらないので安心してください。

サイト側だけではなく、それを利用する購入者ももちろん違法行為に問われることはありません。
医薬品であっても個人が自分の治療などに用いる目的に限り、海外から個人輸入することは認められています。
ただ、個人輸入したアフターピルを転売したり、他の人に譲渡したりすれば個人利用目的外となるため処罰の対象になる可能性もあります。

また、法律による規制はありませんが、厚生労働省によって医薬品の個人輸入に関するガイドラインは設定されているのでチェックしておいた方が良いでしょう。
例えば、個人利用という点を考え、基本的には1度に購入できるのは1ヶ月分相当量までと指導されています。
医薬品にもよりますが、1度の購入が16,000円を超えると問題視される可能性が高まります。

大量にアフターピルを購入する場合は特別な許可を得るための書類提出が必要になったり、税関で没収されることもあるので覚えておきましょう。
基本的には、LNG法のアフターピルなら1回に付き1錠服用すれば良いので、1ヶ月分だと約30錠まで購入できる計算になります。

現実的には毎日アフターピルを服用する人はいないので、これだけ購入できれば十分です。
税関も全ての個人輸入をチェックしているわけではないので、これ以上購入しても問題にならないケースも多いですが、自分を守るためにもルールを破るのは止めた方が良いです。

このように、アフターピルを通販で購入しても違法にはなりません。
アフターピルはいかに早く服用するかが重要になるので、正しく服用できる人なら、通販を利用してお守り代わりにストックしておくと良いでしょう。
ただ、厚生労働省は医薬品の個人輸入に対して少しずつ規制や監視を強めているので、ガイドラインをしっかり守って利用することが大切です。

おすすめ記事

  • アフターピルを通販することのメリット

    アフターピルを通販することのメリットについて紹介します。 アフターピルは避妊に失敗してから72時間以内に服用することによって望まない妊娠を防ぐことができる薬です。 一般に、72時間以内であれば避妊の確率は高くなりますが、それ以降に服用しても避妊に成功する確率は下がってしまいます。 避妊に失敗したことに気づいたならばできるだけ早くアフターピルを服用することが大切です。 7...続きを読む

  • アフターピルの本物が安く売っている通販サイト

    いくら避妊に気をつけていても、失敗してしまう理由はいろいろあります。 ピルを飲み忘れたりコンドームが破れたりするだけでなく、犯罪の被害に遭ってしまう場合も考えられるでしょう。 もし避妊に失敗しても、諦めることはありません。 おおむね72時間以内にアフターピルを服用すれば、かなりの確率で妊娠を阻止することができます。 服用するのが早ければ早いほど、妊娠を防げる確率は高くな...続きを読む

  • トリキュラーの成分と服用方法

    トリキュラーの成分にはプロゲストーゲン(黄体ホルモン)としてレボノルゲストレル(LNG)があります。 卵胞ホルモンはエチニルエストラジオール(EE)が含まれていて、トリキュラーには21錠タイプと28錠タイプがあり、28錠タイプには白色の大きな錠剤(7錠)がセットされています。 これらは有効成分を含まないいわゆる偽薬(プラセボ)で休薬期間中に服用する仕組みです。 トリキュラ...続きを読む