アフターピルの通販ショップを調べる人たち

アイピルはいつまでに服用すれば効果あり?

アイピルは避妊に失敗した後72時間以内に服用すれば避妊の効果を得ることができる薬です。
つまり、いつまでにアイピルを服用すれば良いかというと、72時間以内に服用することができれば避妊の効果を得ることができます。
72時間という時間は、卵子に精子が到着し、受精して着床するのを防ぐことができるギリギリの時間であると考えられています。
そのため、アイピルを服用する場合には72時間以内に薬剤を飲むようにすることが大切です。

アイピルは性行為後72時間以内に1錠飲むのが正しい服用の仕方です。
服用の際には水か白湯で服用することが大切です。量をたくさん服用したからといって、効果が高まるということはありません。
用法用量を正しく守って利用することが大切となります。

服用するタイミングや回数、量を間違えないようにしなければなりません。
アイピルは含まれている有効成分が非常に強いため、かえって身体に大きな負担をかけてしまう可能性もあります。
正しいタイミングで服用するようにすることが必要となります。
あくまでも緊急時の避妊薬であることから、乱用したり常用したりするのは避けなければなりません。

アイピルは72時間以内に服用することができれば避妊に成功する可能性が高くなります。
逆に言えば、72時間を超えて服用したとしても十分な避妊効果を得られない場合があります。
いつまでに飲めば100%避妊が可能というわけではなく、性行為後できるだけ早く服用した方が避妊の効果は高くなります。
アイピルは24時間以内に服用した場合95%という高い避妊効果が認められます。

いざというときにとても頼りになる薬です。
ただし、あくまでも緊急用であるということは認識しておかなければなりません。
避妊効果を得るためにはできる限り早く服用することが大切です。なお、72時間以内に服用した場合の避妊効果はおよそ75%と言われています。
このようにできる限り早くアイピルを服用するようにすることが大切です。

アイピル服用後、避妊に成功したかどうかの判断基準

アイピルを服用した後、避妊に成功したかどうかをどのように判断したら良いでしょうか。
その判断基準となるのは、生理がくるかどうかで判断することができます。
一般に、生理の周期は30日前後です。
そのため、この期間内に生理がきたのであれば、避妊に成功したと考えることができます。

逆に言えば、アイピルを飲んだ後でも、生理の出血の症状があらわれないような場合には妊娠の可能性があります。
排卵と同じ時期にアイピルを飲んだ場合、生理とは異なる排卵出血である可能性も高いことから、正しく判断するためには、経血の量や状態についても十分に確認する必要があります。
避妊が成功したことで生理が来た場合には消退出血という出血が起こります。

アイピルを飲んだ後、早い場合3日程度後に出血を確認することができる場合もありますが、3週間以上経過しても出血がないような場合には妊娠している可能性が高くなります。
アイピルを飲んだタイミングによっては1ヶ月に2回生理が来るような場合もあります。
排卵予定日の前後に服用した場合にはこのようなことが起こります。排卵前にアイピルを飲むと、生理予定日よりも生理が早く始まる傾向があります。
その場合、基本的に予定日よりも生理が遅れてくることは考えにくいです。

アイピルを飲んだタイミングによって避妊に成功したかどうかを判断する生理に個人差はありますが、主に服用後3日~1週間の間には出血がみられることが多いです。
前回の生理からそれほど日数が経過していないような場合には、2週間目に来る場合もあるのでアイピルを飲んだら焦らず待つことが必要となります。
3週間経過しても生理が来ないような場合には、妊娠検査薬を使って確認したり、病院にいくなど、妊娠の有無をきちんと確認することが大切です。