アフターピルの通販ショップを調べる人たち

アフターピルの本物が安く売っている通販サイト

いくら避妊に気をつけていても、失敗してしまう理由はいろいろあります。
ピルを飲み忘れたりコンドームが破れたりするだけでなく、犯罪の被害に遭ってしまう場合も考えられるでしょう。
もし避妊に失敗しても、諦めることはありません。
おおむね72時間以内にアフターピルを服用すれば、かなりの確率で妊娠を阻止することができます。
服用するのが早ければ早いほど、妊娠を防げる確率は高くなります。

アフターピルは一般の薬局では売っていません。
どうしても欲しければ、婦人科の病院で医師に処方してもらう必要があります。
一刻も早く薬を飲みたいときに、病院が開いていなかったり、診察に時間がかかったりしては困ります。
もちろん医師に事情を説明するのも恥ずかしいし、病院へ入るところを誰かに見られてしまう恐れもあります。
さらにアフターピルは保険が利かないので、高額になることも問題です。
こうした面倒を避けるために、通販サイトでアフターピルを購入し、万が一のために備えている方がたくさんいます。

薬局で売っていない医薬品を通販するには、個人輸入代行の仕組みを利用します。
顧客からの注文を受けた代行業者が海外から薬を買い付け、顧客の代わりに輸入手続きから配送までを行うシステムです。
自分で医薬品を輸入するのは大変ですが、代行業者に任せれば普通の通販と同じ感覚で購入できます。
ただし本物の薬を送ってくれるかどうかは、通販業者の信頼性ひとつにかかっています。

病院でもらう薬は間違いなく本物ですが、通販のアフターピルは安いかわりに本物かどうかの保証がありません。
そこでサイトによっては純正品保証をつけたり医薬品の証明書を掲載したりして、顧客からの信頼の確保に努めています。
通販でアフターピルを購入する場合は、値段だけでなく品質保証体制にも着目することが大切です。
またプライバシーの保護に配慮しているどうかも、サイト選びのポイントのひとつになるでしょう。

通販に売られている医薬品が安い理由

日本国内でアフターピルなどの医薬品をお医者さんから処方してもらうのと、個人輸入代行通販サイトでアフターピルを購入するのとでは個人輸入代行通販サイトを利用した方が安いです。
その理由として挙げられるのは購入する手続きをどこでするかということになります。

アフターピルを医療機関で処方してもらうときには、まず日本国内に輸入する必要がありますし流通するプロセスで様々な会社が介在することになるのです。
そして関税なども課税されて、その分が販売価格に上乗せされる形になってしまいます。

ところが個人輸入代行通販サイトを利用すれば製造した国の値段で買うことが可能で関税などの中間手数料が上乗せされないため安い値段で買うことが可能な訳です。
中には医療機関で処方してもらう場合の半額以下の値段で買うことができる医薬品も珍しくありません。

そのため、あまりお金をかけないでアフターピルを手に入れたいのであれば個人輸入代行通販サイトを利用することを検討するのがおすすめです。

安い値段でアフターピルを買うことが可能なのが個人輸入代行通販サイトのメリットですが、どの個人輸入代行通販サイトを選ぶのかは注意をすることが必要になります。
中には悪質な個人輸入代行通販サイトもあり偽物のアフターピルを販売している所もあるのです。

偽物は効果がないだけでなく不純物が含まれている可能性が高く副作用を引き起こしてしまうリスクが高まります。
場合によっては、このような偽物の医薬品を服用したことによって死亡事故や健康被害に発展する可能性があるのです。
そのため安易に個人輸入代行通販サイトを選ぶのは避けたほうが無難です。

しかし、ちゃんと販売元をチェックして信頼できる個人輸入代行通販サイトを選べば本物を安く買うことができるということも知っておく必要があります。