アフターピルの通販ショップを調べる人たち

トリキュラーの成分と服用方法

トリキュラーの成分にはプロゲストーゲン(黄体ホルモン)としてレボノルゲストレル(LNG)があります。
卵胞ホルモンはエチニルエストラジオール(EE)が含まれていて、トリキュラーには21錠タイプと28錠タイプがあり、28錠タイプには白色の大きな錠剤(7錠)がセットされています。
これらは有効成分を含まないいわゆる偽薬(プラセボ)で休薬期間中に服用する仕組みです。
トリキュラー21とトリキュラー28は「28日間で1サイクル」という服用方法を行います。

最後の7日間(休薬期間)の飲み方がそれぞれ異なり、トリキュラー21とトリキュラー28ではそれぞれ服用方法が異なります。
トリキュラー21はスタートと書かれている「1」という数字の赤褐色錠剤から服用し始め、毎日1錠ずつ順番にそって飲んでいきます。
赤褐色6日間、白色5日間、淡黄褐色10日間というように連続で服用していき、21日間ですべて服用すると7日間薬を飲まない期間、いわゆる休薬期間を取る仕組みです。
7日間の休薬期間が終わると新しいシートの1日目からまた21日間飲み始めましょう。
このサイクルを2周、3周と避妊が必要な期間続けることになります。トリキュラー21を飲み始める時、生理1日目にまず1錠目を飲みます。
このことから初日から避妊効果を得ることが可能です。

もし飲む時に生理1日目よりスタートが遅れてしまったなら、飲み始め最初の1週間は他の避妊法を併用しなければいけません。
なるべく毎日同じ時間帯に飲むことが大切で、継続して飲みやすい時間に服用するようにしましょう。
2シート目から休薬期間の7日が開けると、休薬期間に生理が来なくても飲み始めましょう。

トリキュラー28の場合21と同じように赤褐色の錠剤、白色の錠剤、淡黄褐色の錠剤錠に加え、サイズが大きな白色の偽薬(プラセボ錠)を飲みます。
サイズが大きな白色には有効成分がなく偽薬になっています。
比較的リーズナブルな価格で購入することができ、備えとして保管している人もいます。

トリキュラーの病院処方、通販それぞれの価格

トリキュラーの成分であるレボノルゲストレルやエチニルエストラジオールは、女性のホルモンバランスに影響を与える強いものなので取扱には注意が必要です。
このため一般的なドラッグストアなどでは市販されておらず、基本的には病院で医師に処方してもらうしかありません。
ただ、毎回トリキュラーを処方してもらうためだけに病院へ行くのは面倒ですし、仕事が忙しくてトリキュラーの無くなるタイミングで受診できないこともあります。
このような場合は、トリキュラーを海外から取り寄せる個人輸入がお勧めです。

服用方法が分かっていれば、医師に指導してもらう必要もないので個人輸入でも問題ありません。
しかも嬉しいことに、海外では日本とは異なる価格設定でトリキュラーが販売されているため、病院処方よりもずっと安い価格で購入することができます。
一般的に、病院でトリキュラーを処方してもらうと、初診の場合は初診料も含めて2,000円から3,000円程度の受診料が必要です。
トリキュラーの価格は1ヶ月分は約2,000円から3,000円なので、合計で4,000円から6,000円ほどかかってしまいます。
病院では定期的に検査も行われるため、それ以上費用が掛かることも珍しくありません。

一方、個人輸入の場合は1ヶ月分が1,000円程度という安い価格で販売されているサイトが多いです。
必要に応じてまとめ買いも可能なのですが、まとめ買いするほど割引率が大きくなり、12ヶ月分の購入だと500円程度で購入できることもあります。
価格面だけで考えると、インターネットを通じた個人輸入の方がかなり節約できると言えます。
病院処方は医師に相談しながら服用できるというメリットがあるので、どちらを重視するかよく考えて決めましょう。